冬景色・スキーの歌(メドレー)
       

 
冬景色
作詞・作曲:不詳
さ霧消ゆる湊江(みなとえ)の
舟に白し 朝の霜
ただ水鳥の声はして
いまだ覚めず 岸の家

烏(からす)啼(な)きて木に高く
人は畑(はた)に麦を踏む
げに小春日ののどけしや
かへり咲の花も見ゆ

嵐吹きて雲は落ち
時雨降りて日は暮れぬ
若(も)し灯火(ともしび)の漏れ来ずば
それと分かじ、野辺の里

スキーの歌

作詞:時雨音羽
作曲:平井康三郎

山は白銀 朝日を浴びて
すべるスキーの風切る速さ
飛ぶは粉雪(こゆき)か舞い立つ霧か
お お お この身もかけるよかける

真一文字に身をおどらせて
さっと飛び越す飛鳥(ひちょう)の翼
ぐんとせまるは ふもとか谷か
お お お たのしや 手練の飛躍